ご挨拶

ご挨拶

さくら病院院長 江頭 啓介

 新しい年度を迎えて皆様いかがお過ごしでしょうか。今年の春は、新型コロナウイルス感染症の世界的流行に対して、WHOからパンデミック宣言が出て、不安な花曇りの春になってしまいました。
人類の歴史はいろいろな疫病との戦いでもあります。例えば14世紀のヨーロッパでは、人口の1/3がペストで亡くなりました。1918年のスペイン風邪では全世界で5000万人以上が亡くなったといわれています。
新型コロナはインフルエンザより死亡率は低いようですが、高齢者や糖尿病など持病のある方が重症化しやすい特徴があるようですが、今のところワクチンや治療薬がないので困っています。
半年くらいすれば、この問題は解決されるかもしれませんが、それまではまずは予防を徹底するほかありません。日本経済には大打撃ですが、休校やイベント自粛、渡航制限などに国民が粛々と協力している姿に日本人の素晴らしさを感じています。少しでも早く、安心できる時節の到来を待ちたいと思います。
 さくら病院は3月に、健康経営優良法人と認定されました。これは医療の社会的役割の遂行と、病院勤務者の心身の健康の推進を両立する取り組みを実践している法人に与えられるものです。
現在のような環境でこそ、皆様の生活を医療から支えることができるよう職員一同しっかり努めてまいります。
今年度もよろしくお願いいたします。

令和2年4月