健康経営について

さくら病院の健康経営宣言

さくら病院は、愛の心と確かな技術を以て地域住民に良質の医療介護サービスを提供する基盤として、健康的で働きやすい職場づくりと、健康づくりを職員の幸福実現に寄与する事業と位置づけ、 積極的に取り組んでいくことを宣言します。


取り組み方針


 1.職員が自律した健康管理を行えるようサポートします。

 2.仕事もプライベートも充実できる労働環境を作ります。

令和1年7月1日
医療法人社団江頭会 さくら病院
院 長  江 頭 啓 介

さくら病院の健康経営推進体制

さくら病院は健康経営推進のためにスタッフを各科より募り健康経営推進委員会を編成しています。
健康経営推進委員会は院長直属の委員会です。


取り組み

職員のためのサクラフィットネスジム

職場で健康づくりに取り組めるよう、月曜日~土曜日17:00~18:00は職員のためにリハビリテーション室を開放しています。
エルゴメーター・トレッドミル・ダンベル等の器具を使用し自分の体に合わせたワークアウトが可能となっています。


栄養相談

職員の健康管理のため、当院では管理栄養士による栄養相談を随時行っております。
食生活に不安がある人や栄養バランスのよい食事等、個人に合わせた料理や献立をもとに、食べ方のコツや調理の工夫について相談を受けることが可能となっています。


職員用カウンセリングの場「ゆるり」

近年増加している労働者の心身にかかわる健康障害は、医療機関に従事する職員でも例外ではありません。
特に、日常では患者さんに対して早期発見の重要性や予防の心がけを訴えている医療従事者自身は、自分のことはないがしろにしてしまいがちです。
そのため、当院ではストレスケアの一つとして臨床心理士による職員用カウンセリングの場を設けています。
必要な時に、ふらっと立ち寄れるようにスタッフルームに在室している日時を設け、又、その他の日も専用のメール等で随時対応できるようにしております。