病棟のご案内

快適で安心な療養環境で患者様の社会復帰をサポートいたします。
 

急性期病棟 (1内科)

急性期病棟について

救急の患者様を24時間受け入れ、急性期の治療・看護を行っております。
救急の患者さまを24時間受け入れ、急性期の治療・看護を行っています。
また、患者様の生活背景に関する問題をお聴きし、多職種で対応しています。
早期回復と安心できる生活のために、スタッフ一丸となって取り組んでいます。
 

地域包括ケア病棟 (2内科)

地域包括ケア病棟について

患者様やご家族の意向を確認しながら、急性期から在宅復帰へ橋渡しをお手伝いします。
地域包括ケア病棟は、急性期病棟での治療を終了後、在宅あるいは介護施設等への入所予定の患者さんに、入院療養を継続しながら「在宅復帰に向けた準備を整える」病棟です。
患者さんや、ご家族の意向を確認しながら、リハビリテーション科や医療ソーシャルワーカー、ケアマネージャーなど他職種と連携し退院に向けた準備やサポートをさせて頂いています。
 

障害者施設等一般病棟 (3内科)

障害者施設等一般病棟について

重度の障害・意識障害・神経難病等の患者様に安心できる療養環境を提供します。
神経難病・意識障害・重度の障害のある患者様が対象の病棟です。
長期入院の患者様が多く、リハビリスタッフをはじめ、他職種と連携し、患者様・御家族が安心・安楽な生活を送って頂けるようなケアを提供しています。
 

緩和ケア病棟 (さくらユニット)

緩和ケア病棟(さくらユニット)について

痛みをはじめとする症状コントロールだけでなく、一人一人の患者様のQOL(生活の質)を考え、精神的、社会的、スピリチュアルケアを医師、看護師、医療ソーシャルワーカー、栄養士、薬剤師、理学療法士、ボランティアと協働しながらチームで提供します。
こんにちは、緩和ケア病棟です。私たちは、患者さんとそのご家族のこれからの時間を有意義なものにしていただく為にお手伝いをさせていただいています。 患者さんの痛みや不安、さまざまな症状、またご家族の方の心身に病み癒しが必要な場合には、医師・看護師・ソーシャルワーカー・心理療法士・薬剤師・栄養士・リハビリ士などさまざまな職種と協力しながら安心して過ごしていただける環境を提供できるように心がけています。またみなさんの声に耳を傾けて、共に共感し寄り添いたいと思っています。
 病棟行事は、毎月の茶話会・2ヶ月毎のさくら心の会・年3回のイベントなどには、ボランティアの方の協力で歌やゲームなどをして患者さんやご家族と一緒に楽しく過ごす時間を設けています。
在宅緩和ケアを希望される方は当院の「在宅医療介護センターさくら」がサポートいたします。


終末期看護の尊厳あるケアと療養環境を提供し、患者様・ご家族の納得・満足が得られる看護・介護を目指します。

 

病床数

病棟 病床数
一般病棟・急性期病棟(1内科) 43床
地域包括ケア病棟(2内科) 42床
障害者施設等一般病棟(3内科) 43床
緩和ケア病棟(さくらユニット) 24床