平成29年度 病院指標

  平成29年度 さくら病院 病院指標

 

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 20 12 33 32 80 169 350 169
年齢区分患者数
0~
10~
20~20
30~12
40~33
50~32
60~80
70~169
80~350
90~169

  TSVファイルをダウンロードする

  • 定義
    平成29年4月~平成30年3月に退院された患者様の年齢階級別患者数です。
    (1内科のDPC対象病棟に入院された患者様を対象としており、DPC対象病棟から他病棟へ転棟した患者様も含みます。)
    年齢は入院した時点での年齢で集計しています。

    解説
    当院を利用している患者様は80歳代が一番多く、全体の約4割を占めています。
    また、70歳以上の患者様の割合が全体の約8割を占め、地域社会の高齢化を反映しています。

 

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 83 34.16 20.83 9.64% 86.70  
050130xx99000x 心不全 55 43.49 17.71 7.27% 85.96  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 30 26.30 12.34 10.00% 79.07  
100380xxxxxxxx 脱水症 28 22.96 9.16 0.00% 78.25  
0400801499x012 肺炎等 19 39.95 18.18 39.95% 88.26  
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 83 34.16 20.83 9.64% 86.70  
050130xx99000x 心不全 55 43.49 17.71 7.27% 85.96  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 30 26.30 12.34 10.00% 79.07  
100380xxxxxxxx 脱水症 28 22.96 9.16 0.00% 78.25
0400801499x012 肺炎等 19 39.95 18.18 39.95% 88.26  

  TSVファイルをダウンロードする

  • 平成29年4月~平成30年3月に退院された患者様を対象にDPCコードの上位5例を掲載しています。
    在院日数は当院に入院した日から退院した日までの日数です。(DPC対象病棟以外も含む)

    当院では1内科のDPC病棟で急性期治療終了後、回復期における治療やリハビリテーションの継続を地域包括ケア病棟等で行っています。
    そのため当院の平均在院日数は全国の平均在院日数よりも長くなっております。

 

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 13 1 7
大腸癌 - - - - - 14 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - 10 1 7
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 13 1 7
大腸癌 - - - - - 14 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - 10 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

  TSVファイルをダウンロードする

  • 定義
    平成29年4月~平成30年3月に退院された患者様が対象で、延患者数を集計しています。
    同じ患者様が複数回入院された場合もそれぞれ計上しています。
    初発とは、当院でがんの診断、初回治療を実施した場合を指します。
    再発とは、当院または他院で初回治療が完了した後に、当院で患者様を診察した場合や、
    再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
    初発として計上されたものは再発には計上していません。
    初発の病気分類はUICC TNM病期分類第7版に基づいたものです。
    10名未満の患者数は、-(ハイフン)で表示しています。

    解説
    当院は他医療機関と連携しており、手術後、治療後の経過観察目的の患者様を受け入れているため
    再発の割合が高くなっています。また、当院は緩和ケア病棟を有しており
    治療が困難とされたがん患者様の苦痛を和らげる緩和ケアの体制を整えています。

 

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 60 32.23 83.50
重症 12 38.25 87.42
超重症
不明
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 60 32.23 83.50
重症 12 38.25 87.42
超重症
不明

  TSVファイルをダウンロードする

  • 定義
    成人とは20歳以上を指し、市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。
    平成29年4月~平成30年3月に退院された患者様が対象です。
    入院の契機となった傷病名および医療資源を最も投入した傷病名のICD-10コードが
    J13~J18であるものが対象です。
    重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。
    在院日数は当院に入院した日から退院した日までの日数です。(DPC対象病棟以外も含む)
    10名未満の患者数は、-(ハイフン)で表示しています。
    ≪A-DROPシステム≫
     1.男性70歳以上、女性75歳以上
     2.BUN 21dL以上または脱水あり
     3.酸素飽和度 90%以下
     4.意識障害
     5.収縮期血圧 90mmHg以下

    ≪重症度分類≫
    軽  症:上記5つのいずれも満たさない
    中等症:上記1つまたは2つを有する
    重  症:上記3つを有する(ただし上記「4.意識障害」に当てはまる場合は1つでも重症とする)
    超重症:上記4つまたは5つを有する
    不  明:1~5の項目のうち1つでも不明であったもの

    解説
    症例数では中等症の割合が多く、全体の約7割を占めています。
    より重症になるほど平均年齢が高くなり、平均在院日数も長くなっています。
    平均在院日数については重症度ではなく患者要因にも影響があると思われます。

 

脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 26 44.15 50.58 11.76
その他 - - - -
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 26 44.15 50.58 11.76
その他 - - - -

  TSVファイルをダウンロードする

  • 定義
    平成29年4月~平成30年3月に退院された患者様が対象です。
    DPCの最も医療資源を投入した傷病名のICD-10がI63の脳梗塞について集計しています。
    在院日数は当院に入院した日から退院した日までの日数です。(DPC対象病棟以外も含む)
    10名未満の患者数は、-(ハイフン)で表示しています。

    解説
    当院では約7割の患者様が発症から3日以内に治療を開始しています。
    また急性期医療だけでなく、地域包括ケア病棟において積極的にリハビリテーションを行い、
    総合的な治療管理を行っております。

 

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

  TSVファイルをダウンロードする

Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 11 20.55 59.82 36.36 77.36
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 11 20.55 59.82 36.36 77.36
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -
  • 平成29年4月~平成30年3月に退院された患者様が対象です。
    手術方式の点数表コード(Kコード)によって集計しています。
    10名未満の患者数は、-(ハイフン)で表示しています。

    当院は内科の病院であるため、当院で行っている主な手術は内視鏡による手術となっています。

 

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -

  TSVファイルをダウンロードする

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
  • 平成29年4月~平成30年3月に退院された患者様が対象です。
    10名未満の患者数は、-(ハイフン)で表示しています。

    医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、
    DPCの最も医療資源を投入した傷病名と、入院契機傷病名の同一性の有無を区別して集計しています。