病棟のご案内(看護師向け)

看護部紹介
 

1内科病棟 (急性期病棟)

1内科病棟のご紹介
救急の患者さまを24時間受け入れ、急性期の治療・看護を行っています。
また、患者様の生活背景に関する問題をお聴きし、多職種で対応しています。
早期回復と安心できる生活のために、スタッフ一丸となって取り組んでいます。
 

2内科病棟 (地域包括ケア病棟)

2内科病棟のご紹介
地域包括ケア病棟は、急性期病棟での治療を終了後、在宅あるいは介護施設等への入所予定の患者さんに、入院療養を継続しながら「在宅復帰に向けた準備を整える」病棟です。
患者さんや、ご家族の意向を確認しながら、リハビリテーション科や医療ソーシャルワーカー、ケアマネージャーなど他職種と連携し退院に向けた準備やサポートをさせて頂いています。
 

3内科病棟 (障害者施設等一般病棟)

3内科病棟のご紹介
3内科病棟は「障害者施設等一般病棟」です。
神経難病・意識障害・重度の障害のある患者様が対象の病棟です。
長期入院の患者様が多く、リハビリスタッフをはじめ、他職種と連携し、患者様・御家族が安心・安楽な生活を送って頂けるようなケアを提供しています。
 

さくらユニット (緩和ケア病棟)

さくらユニット(緩和ケア病棟)のご紹介
こんにちは、緩和ケア病棟です。私たちは、患者さんとそのご家族のこれからの時間を有意義なものにしていただく為にお手伝いをさせていただいています。 患者さんの痛みや不安、さまざまな症状、またご家族の方の心身に病み癒しが必要な場合には、医師・看護師・ソーシャルワーカー・心理療法士・薬剤師・栄養士・リハビリ士などさまざまな職種と協力しながら安心して過ごしていただける環境を提供できるように心がけています。またみなさんの声に耳を傾けて、共に共感し寄り添いたいと思っています。
 病棟行事は、毎月の茶話会・2ヶ月毎のさくら心の会・年3回のイベントなどには、ボランティアの方の協力で歌やゲームなどをして患者さんやご家族と一緒に楽しく過ごす時間を設けています。
 

外来

外来のご紹介
新病院に移転し、1階外来フロアーに介護医療相談室、栄養相談室もでき、患者様が気軽に相談できるようになりました。
より一層、丁寧な医療を提供し、地域の方々の役に立つ病院であり続ける為にスタッフ一同努力してまいります。

 

新人スタッフ紹介

平成29年度に就職した元気のよいスタッフの紹介です! 

外来 山本 愛
前職場を退職後、出産・育児で約3年のブランクを経て入職しました。外来経験がなく、新しい環境での仕事と家事・育児の両立に不安がありましたが、師長をはじめ、先輩スタッフの皆さんの丁寧な指導と働きやすい雰囲気に支えられ、前向きな気持ちで頑張ることができています。外来業務を早く覚え、患者様に安心して医療を受けていただけるように笑顔と誠意を持って看護をしていきたいと思います。

看護部 1内科 山口 愛
本年度4月からさくら病院に入職しました。2人の子育てをしながらの勤務先の変更ということで、両立ができるか不安を抱えての転職でしたが、同じように子育てと仕事の両立をさせておられる先輩たちのアドバイスをたくさん聞くことができ、本当に安心しました。チーム一丸となって看護に取り組む姿勢はとても頼もしく感じられます。早くシステム、業務に慣れみなさんと一緒に看護を楽しみたいと思います。
 

育児ママの紹介

さくら病院は子育て支援します!

2内科 松岡志保
私は2歳になる子どもを育てつつ、さくら病院で働いています。今年からは幼稚園の未就園に入園したため、幼稚園に通う日はお休みを頂き、週に4回の日勤勤務と託児所の利用をさせて頂きながら仕事と子育ての両立が行えています。スタッフの皆さんの協力や理解のお蔭で、お休みを頂いたり早退させて頂いたりと助かっています。また託児所が敷地内に設置されているため子どもの急な発熱などの際もすぐに対処できています。託児所では様々な年齢の子ども達と過ごしており、たくさんの刺激をもらいながらのびのびと成長できていると思います。

みんなでおやつの時間です
 

就学看護師の紹介

さくら病院は働きながら就学できます!

2内科 松田 幸子
私は昼間、准看護師として働きながら3年間夜間の学校に通い、今年、看護師免許を取得しました。仕事と学業の両立は大変でしたが、病棟の先輩方をはじめたくさんのスタッフに支えていただき頑張る事ができました。また、病院での充実した新人教育や臨床を経験する事で机上での学びをより深めることができました。実習中は勤務の調整をしていただき自立した生活をしながら学ぶ事ができました。
これからも日々研鑽を積み、患者さんに必要とされる看護師になれるよう努力していきたいと思います。


1内科 柳川 博
私は、さくら病院入職して今年で4年目になります。3年間は准看護師として勤務し夜間医師会の看護学科に通いました。働きながらの勉強はとても大変で、実習中や国家試験前は学習と時間に追われる毎日でしたが、さくら病院には同じ道を歩んだ先輩も多く、アドバイスや励ましの言葉をもらいながら無事国家試験に合格することができました。新たに看護師となり責任も大きくなりましたが、新たな業務も増え、やりがいも大きくなりました。
これからは働きながら、趣味などに有効に時間を使っていきたいです。
 

時短制度の紹介

未就学児のいる方が対象で労働時間を正規の8割(給与も8割)でパート職員ではなく正職員として働くことができます。具体的には日勤で9時から16時の勤務になります。また夜勤従務希望の方など、一か月合計を8割で働くことも可能です。

時短制度を利用して

外来 山口昌美
私は大野城市からの通勤と1歳の娘を抱えての仕事復帰にとても不安があり、当院の託児所を利用し時短勤務で働くことを選びました。復帰後は部署のスタッフの方に支えられながら育児と仕事を無理なく両立し、楽しく仕事ができています。また託児所では、先生方が優しくお世話していただき、娘もすっかり託児所に慣れ、お友達とも元気に遊んでいるようで私も安心して仕事も行えています。安心して娘を預けられ、仕事も無理なく行える環境があることが有難く、これからも楽しく仕事が続けられたらと思っています。


さくらユニット 齋藤麻美
 さくら病院に就職して、約10年が経ちますがその間、産休・育休を4回も取らせていただきました。
時短の制度が始まり、夜勤は可能であったため夜勤有の時短はできないか相談したところ、すぐに 取り入れていただきました。現在も夜勤をしながら、日中は時短を利用して、仕事に育児にプライベート にと充実した日々を送る事が出来ています。職場のスタッフも子育てを経験されている方が多いため、 とても理解が良く、定時に帰れるように配慮してくれています。
 今後も4人の子供を育てながら、家庭と仕事の両立を図っていけたらと思います。
 

認定看護師(CN)の紹介

認定看護師とは・・・日本看護協会が策定した資格認定制度の資格の一つです。
特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護が実践できる看護師のことを指しています。
高度化・専門分化が進む医療現場における看護ケアの広がりと看護の質の向上を目的としている。認定看護師の役割は、専門分野において、
(1)個人、家族および集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践すること、
(2)看護実践を通して看護職に対し指導を行うこと、
(3)看護職に対しコンサルテーション(専門家による専門家への相談)を行うこと、
とされています。

認定看護師(CN)の紹介です!

皮膚・排泄ケア認定看護師
1内科係長 小深田 智子
私は、H20年に皮膚・排泄ケア認定看護師の資格を取得しました。
研修中は勉強に追われる毎日でしたが、同じ志をもった仲間と夢を語りながら過ごした日々は、私にとって充実した貴重な時期でもありました。現在は、急性期病棟に所属し、患者さんにより質の高いケアを提供できるよう、現場のスタッフと共に頑張っています。

緩和ケア認定看護師 竹山 美穂
がん患者さんは身体的な苦痛だけではなく、精神的・社会的・スピリチュアル(霊的)な痛みを抱え悩み苦しんでいます。そのような苦痛を他職種と連携し、早期に介入することで4つの苦痛を軽減し、その人らしい生活が送れるように支援しています。また患者さんだけではなく家族も同じような苦痛を抱えており、家族の思いに寄り添った支援も行っています。
 患者さん・家族の価値観や思いを尊重し、一緒に悩み考える事で患者さんが最期の時までその人らしく生きられるようにお手伝いさせていただきます。