ご挨拶

ご挨拶

さくら病院 看護部長 水城 須美子

   平成25年4月1日よりさくら病院看護部長として就任しました。
   さくら病院は「愛の心と確かな医療技術を以って社会に奉仕する」を病院理念として掲げ、地域の皆様に対するより良い医療サービスの提供に努めています。
   看護部は病院の中で最も職員が多い部門です。
看護職は安全・安心の医療の提供に医師とともにコアとなる存在です。
安全・安心の医療を実現するためには看護実践能力の高い自律した考える看護師の育成が大事です。
看護職が専門職として働くためには生涯学習が必要です。
そこで、さくら病院はキャリア開発ラダーを導入し看護師個人の能力に応じた教育を行っています。
また、教育背景の異なる看護職が多い、中途採用者が多いことから新しい環境にスムーズに適応してもらうためにプリセプター制を取り入れて支援しています。
さらに、ワーク・ライフ・バランスを考慮し、子育て支援として病院保育所を設置(24時間保育)しており、看護師の定着に努めています。
病院保育所は子育ての強い味方で病院保育所があることを理由にさくら病院を選ばれる看護師も多くいます。
   人が育つ職場風土をつくり、共に育つ看護部でありたいと考えています。私たちと一緒に看護を語り看護をやりましょう。