睡眠ポリグラフ検査(睡眠時無呼吸症候群)

睡眠呼吸障害の診断に用いられ、眠っている間に呼吸が止まる病気である「睡眠時無呼吸症候群」の診断には欠かせない検査です。

睡眠ポリグラフ検査(睡眠時無呼吸症候群) 

睡眠ポリグラフ検査のご案内です。

 

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)とは?

一晩(7時間)の睡眠中に、呼吸が10秒以上停止する無呼吸が30回以上、あるいは1時間あたり5回以上起こるものをいいます。
 呼吸が一時的に停止することにより、酸素不足状態が続き、心臓に負担がかかり、高血圧症や心臓病、脳血管障害などの生活習慣病になりやすくなるといわれています。昼間に眠気や体のだるさを強く感じ、集中力が低下するため、仕事のミスや居眠り運転の原因になるともいわれています。

以下のような症状が思いあたる方は、一度検査を受けてみられることをおすすめします。
  1. 大きないびきをかく
  2. 熟睡感がない
  3. 夜中によく目が覚める
  4. 朝早く目が覚める
  5. 起床時に頭痛がする
  6. 日中眠気を感じる
  7. 体がだるい..など
 

睡眠ポリグラフ検査

睡眠ポリグラフ検査

検査は一泊入院(夕方~翌朝)にて行います。体に脳波、心電図、筋電図、呼吸運動、マイク、動脈血酸素飽和度などの測定センサーをつけて就寝し、一晩中睡眠状態を記録、いびきの有無、無呼吸のタイプなどから診断します。

当院では、睡眠ポリグラフ検査をおこなっています。検査を希望される方は、当院外来にてご相談下さい。

料金などの詳しいお問合せは
電話:092-864-1212(代表)
外来受付まで